早期発見が重要!【脳梗塞は治療で治そう】

先生

更年期を無理せず過ごす

Female

女性ホルモンの低下と不調

更年期とは女性が閉経を迎える前後10年を言います。年齢にすると40代半ばから50代半ば頃ですが、個人差があり、早めに更年期を迎える人もいます。女性は40代を過ぎると、徐々に卵巣の働きが衰え始め、やがて閉経を迎えます。卵巣の働きが低下すると、卵巣から出ている女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り始めます。エストロゲンの減少を脳が察知すると、何とか元に戻そうという動きが働き、性腺刺激ホルモンが大量に分泌されるようになります。このホルモンのバランスの乱れが、自律神経のバランスを崩すきっかけとなり、不快な症状を招くことになるのです。更年期の時期に現れる様々な不定愁訴を、更年期障害と呼んでいます。自律神経は循環器、消化器、呼吸器などを支配している神経で、昼間や活動時に働く交感神経と、夜間や休息時に働く副交感神経に分かれています。これら二つの神経が必要に応じて、切り替りながら、体の機能を維持しているのです。しかし、自律神経のバランスが崩れると、様々な器官に不快な症状が現れてくるのです。症状が改善されない場合、病気と区別するために医師の診察を受けるようにしましょう。

更年期は必ず終わります

更年期障害の症状は様々です。自律神経が支配している器官はたくさんあるので、症状も多種多様です。多いとされているのが、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりやのぼせ。さらに、多汗やめまい、頭痛、肩こり、倦怠感や冷え、喉が詰まる感じ、むくみ、冷えなども多くの女性が感じる症状です。また、更年期障害は身体だけでなく、心にも影響を及ぼします。落ち込みや憂鬱、イライラ、不安など、精神症状を訴える方も多いのです。これは心を安定させる物質セロトニンがエストロゲンの減少で減るためと考えられています。また、女性が更年期を迎える時期は、子どもの進学や結婚、夫のリストラや定年、親の介護や老後の不安など、深刻な悩みに発展することが重なる時期でもあり、更年期の症状を複雑にしているのです。つらい時は一人で抱え込まず、医療施設を受診する、人に頼る、無理をしないなど、今はこういう時期なのだということを受け入れ、ペースダウンして過ごしましょう。更年期障害は必ず終わります。ホルモン減少を体が受け入れると新しい自分が待っています。

Copyright© 2016 早期発見が重要!【脳梗塞は治療で治そう】 All Rights Reserved.