早期発見が重要!【脳梗塞は治療で治そう】

先生

胸膜に起こる重い病気

自然

胸膜にがんが広がると、癌性胸膜炎という名称がつきます。主に肺がんが原因となります。治療を行っても予後が極めて不良となるため、予防をするのが最善だと言われています。癌性胸膜炎を予防するためには肺がんの予防が必須です。喫煙は肺がんの一番の原因です。タバコを止める努力をしましょう。

» 詳細を読む

更年期を無理せず過ごす

Female

閉経前後の10年を更年期と呼び、その間に女性ホルモンの減少により現れる、様々な不快症状を更年期障害と呼んでいます。のぼせやほてり、冷え、めまいなど体の症状に加え、落ち込み、イライラ、不安、うつなど心の症状も出やすくなります。決して無理をせずに過ごすようにしましょう。

» 詳細を読む

体の異常の原因が不明

Male

自律神経失調は体の至る所にありますので、自律神経失調症になった時には体の様々な場所に異常が出てくることがあります。一般の病院で異常がないといわれても、症状が出るのであれば心療内科や精神科を受診することになります。

» 詳細を読む

知っておくべき治療法

病院

発症しても回復可能

脳梗塞の発症率は近年、増加傾向にあります。ただ、発症したとしても回復する確率は、以前に比べて格段に高くなっています。その理由は、t-PA治療という非常に効果的な治療法が確立したからです。脳梗塞は血管の中がドロドロの状態になり、そのため血栓が出来てそれが詰まり、脳に対する血流が遮断されることで発症します。血流が遮断されれば脳組織は壊死してしまいますから、命を落としてしまうことがあります。命を落とさなくても壊死した脳組織は再生することはありませんから、重い後遺症が残ってしまいます。t-PA治療というのは、血管に詰まった血栓を溶かす治療法です。ですから、t-PA治療を受ければ、脳梗塞を発症しても後遺症が残ることも死ぬこともなく回復することが可能なのです。

すぐに医療機関へ

但し、t-PA治療は必ずしも効力を示すわけではないのです。治療開始が遅ければ、すでに脳組織は壊死してしまっている場合があります。そして、治療開始のリミットがありますが、治療開始時間が伸びれば伸びるほど、脳出血を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。ですから、重要となるのは脳梗塞の発症を見極め、すぐに医療機関に向かうことです。脳梗塞の症状は、片側の手・足・顔の運動障害や感覚、言語などに対する障害があります。いつもと違うと感じたら、早期対処するためにもすぐさま医療機関へ向かいましょう。残念ながらt-PA治療の利用率は現状、脳梗塞全体の5%程度と言われています。ただ、現在、医療関係各所ではt-PA治療を必死に広報していますので、今後、脳梗塞を発症しても回復する人が増えることが予想されます。

急性期に役立つ治療法

脳梗塞の治療では早期発見がカギを握りますが、急性期にどういうアプローチをするかも重要視されています。その中でも特筆すべきは血栓除去術であり、この急性期に有効なのではないかということが研究の結果で分かっています。この研究が進み効果が実証された際には、脳主幹動脈梗塞のタイムリーな治療が実現されることも夢ではないので、死亡率を大幅に低下させることが近い将来に叶うかもしれません。

Copyright© 2016 早期発見が重要!【脳梗塞は治療で治そう】 All Rights Reserved.